安心・安全のための生活情報局(くらしの情報局)

安心して生活する(安心できる暮らしを送る)ための食品やお金、お仕事などにまつわる生活や暮らしにかかわる情報を発信して、余裕で充実した生活の創造をお手伝いします!! 安心できるくらしを共に守り抜きましょう!!!

Money

増税の足音が聞こえる。2020年までのスケジュール把握で対策を!

更新日:

TAXの立体文字

 

みなさん、こんばんは。

安心・安全のための生活情報局

局長のやまさきです。

確定申告が始まりましたね。

みなさん、当サイトの記事〇〇を読んで、最終チェックをしていただけましたか?

これまでに配偶者控除などの壁の存在とその動向や対策についてもお話をしてきています。

少し、世帯所得が増やせそうなんて、感じていた方も多いかも知れません。

 

2020年までの増税スケジュール

所得が増えそうなんて浮かれていると大変なことになってしまいますよ。

油断大敵!

こんな言葉しか浮かんでこなくなるような増税が待っています。

そう、今年から2020年に向けて、増税のスケジュールが既に組まれているんです。

今回は、2020年までの増税スケジュールを知って、みなさんの家庭にあった備えをする準備をしておきましょう。

2018年は比較的限定される個人に対する増税

2018年1月から適用開始がなされたのが、「配偶者控除」と「特別配偶者控除」の見直し。これについては、当サイトでも記事にしていますが、パート主婦の「壁」が103万円から150万円へ変更になったことで新たな壁が顕在化しているという改正です。

この改正は、実は減税ばかり強調されていますが、世帯主の所得が1000万円(年収1220万円)を超える場合は、実は増税となってしまうんです。

2018年10月に行われる増税は、「たばこ(紙巻)」の増税。

今回の増税は、たばこ1本につき1円の増税なのですが、実は2021年までの4年間で段階的に引き上げられ、最終的には1本あたり3円の増税になることが決定しています。

さらに最近流行している「加熱式たばこ」も、2022年までの5年間で、紙巻たばこの7~9割ぐらいまでの税率に引き上げる予定だそうです。

2019年は要注意!!ほぼ全ての個人に対する増税が始まります

絶望的

2019年からは家計を直撃する増税を実感するようになります。

まず手始めに、軽いジャブの2019年1月からは「国際観光旅客税」が導入されます。

これは、日本を出国する時に、1人当たり、一律1000円を徴収されるという制度です。

この制度は国籍を問わないため、外国人旅行者にも適用されます。

これって、観光立国推進と言っている政府の方針に矛盾を感じますね。なんとなく、直前に外国人旅行者に対しては優遇措置が認められ、日本人の徴収額が増やされそうな予感がします・・・。

仕事で何度も海外へ出かける業種では、結構な経費負担増になりそうですね。

そしてついに、きついボディーブローが2019年10月に打ち込まれてきます。

そうです。

「消費税率」が8%から10%へ増税されてしまいます。

まだ当分先のことのように思っていましたが、実はもうすぐそこまで迫っています。

大きな買い物を考えている人は、直前になって慌てないためにも早めに予定を立てて、家計の予算組をしておきたいですね。

 

東京オリンピックイヤーの2020年は所得税が・・・。

2019年10月に繰り出されたきついボディーブローの消費税増税のダメージが抜けない2020年1月からは、「所得税」の見直しも予定されていて、この見直しでは、給与収入が850万円を超える人が増税になる可能性があるようです。

そして、オリンピック後の2020年10月には、「酒税」の改正が予定されています。子の増税では、庶民の味方「第三のビール」が増税になり値上がりすることが見込まれています。

しかもこの増税は、2026年までにビール・発泡酒・第三のビールの税率を一律にするために行われる、段階的措置なんです。現在、税率が低い第三のビールの税率が引き上げられ、逆にビールの税率は引き下げられていくということです。

同じように、ワインやチューハイ、ハイボールなどの税率は引き上げられ、日本酒の税率は引き下げられる予定。

2020年は、嗜むお酒の種類によって明暗が分かれる年になりそうでな予感です。

まぁ、私の場合は安く酔えれば、何でもいいので、その時になってお酒の種類は考えるようにします。(笑)

 

まとめ

このように増税はヒタヒタと足音を忍ばせてはいますが、確実にやってきます。

国に対しては、「議員や公務員の人数や給与などを見直して、まずは身を削ってから、増税を考えろ!」と声を大きく叫び、訴えたいですが、今の状況では、何も変わらないと思いますので、これ以上は伝えませんが、機会があれば、お話したいと思います。

みなさん、今回のこの増税スケジュールをしっかり把握して、それぞれ各家庭にあった対策を考えて、家庭をしっかり防衛していきましょう!!

では、また。

局長やまさきのイメージ


応援をお願いします

Contact Us

-Money
-, , , , ,

Copyright© 安心・安全のための生活情報局(くらしの情報局) , 2018 All Rights Reserved.