安心・安全のための生活情報局(くらしの情報局)

安心して生活する(安心できる暮らしを送る)ための食品やお金、お仕事などにまつわる生活や暮らしにかかわる情報を発信して、余裕で充実した生活の創造をお手伝いします!! 安心できるくらしを共に守り抜きましょう!!!

味覚 安心・安全

果汁100%の嘘と真実?!賢く、体にいい100%モノを選びましょう!

更新日:

みなさん、こんにちは。

安心・安全のための生活情報局

局長のやまさきです。

 

最近は、寒い日が続いていますね。

インフルエンザも例年よりも早い流行とニュースでも言っていました。

みなさんも体調には気をつけて、インフルエンザなんか寄せ付けないようにしましょう!!

ちなみに、風邪の予防にはビタミンCが良いと昔から言われています。

そんな感じで、今日は果汁100%ジュースのからくりについてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

ジュースの種類って?!

ジュースと言っても、炭酸ジュース、野菜ジュース・・・。

色々ありますが、やっぱりフルーツジュースが私は好きですね。

ビタミンCもたっぷり摂れそうだし・・・。

ジュースには果汁○○%とか表示がされていますよね。

今回は果汁100%と表示されているジュースのお話です。

果汁100%ジュースにはどんな種類があるのでしょうか?

ストレートジュースやフレッシュジュース、濃縮還元ジュース等がありますよね。

これらは「どんな風に違うのか?」から、お話します。

まず、フレッシュジュース、これは名前の通り、絞りたてのジュースですね。

ご家庭や店舗でジューサーで果物や野菜をジュースにしたものですね。

次に、ストレートジュースですが、これは工場などで機械的に絞った果汁をそのまま、ビンやペットボトル、缶に充填したものです。

フレッシュジュースよりは、少し鮮度感が落ちたイメージのありますね。

最後に濃縮還元ジュースですが、これは工場で絞った果汁の水分を蒸発させて、濃縮したものに水などを加えて、果汁の濃度を100%に戻したものをビンやペットボトル、缶に充填したものです。

わたしも仕事柄、この三種を飲み比べた事があるんです。

その感想は・・・。

スポンサーリンク

驚きの3種類の飲み比べ結果!

一番美味しいジュースは・・・もちろん、フレッシュジュースですね。

一番美味しくなかったジュースは・・・、残念ながら、濃縮還元ジュースでした。

 

みなさんも、一度試してみて下さい。

全然違いますから!!

ちなみにストレートジュースはフレッシュジュースに比べて酸味がマイルドな感じになっていた気がしましたので、すっぱいものが苦手な方はストレートジュースも良いかもしれません。

濃縮還元ジュースはのっぺりとした味わいで、飲んでいても美味しくなかったです。

ただ、わたしはフレッシュジュースから飲み比べてしまったので、余計にそう感じたのかもしれません。

 

濃縮還元ジュースが美味しくない理由

なぜ、濃縮還元ジュースが美味しくなかったのか?

濃縮還元ジュースは先ほど、少しだけお話しましたが、機械的に絞った果汁の水分を加熱や冷凍をすることで、蒸発させ、濃縮したものを水などで戻したジュースだからです。

絞った果汁を熱したり、凍らせたり、そんな事をしたら、香りも飛んでしまって弱くなるし、美味しさの秘密の風味が大きく損なわれてしまいます。

最近では、加熱温度を低く抑えて、真空状態にして濃縮する方法もあるようですが、やっぱり美味しくないんです。

ただ、加熱濃縮をしたものよりは、真空で加熱温度を低くしたものの方がマシで、さらに、冷凍の濃縮の方が真空よりもマシではありますが・・・。

食品の味は、その食品が持つすべての成分のバランスの上に成り立っているいるものですから、濃縮した際に除去された水分には水に溶ける成分は含まれるわけです。と言う事は、水と一緒に色んな成分も取り除かれているわけですから、美味しくなくて当たり前なんですけどね。

だから、濃縮還元ジュースには香料などの添加物が使われる事があるんです。

それでも果汁の濃度が100%相当であれば、果汁100%なんですよね。

 

濃縮還元果汁が多い理由

今回は、もう少し、突っ込んだお話を・・・。

みなさんは、なぜ、濃縮還元果汁のジュースが多いと思われますか?

日本ではジュースに使用する果汁を自給率100%にできていないので、基本、輸入することが多いです。

このことが前提です。

果汁を濃縮するとその体積は小さくなります。

たいていの場合、ジュースの原料として使用する濃縮果汁は5~6倍に濃縮されていますから、5分の1くらいの体積になるわけです。

ストレート果汁1トンはストレートジュース1トンにしかなりませんが、同じ運搬容器に5倍濃縮された果汁を詰めて、仮に1トン入ったとしましょう、この5倍濃縮の果汁1トンは濃縮還元果汁5トンになるんです。

同じ果物の同じ輸送費をかけて、ストレート果汁に換算すると5倍の量になるんですから、輸送費を安く抑えられます。そうすると、メーカーは利益が上げられます。利益が上がると言う事は、色んなメーカーが使用して・・・、気がつけば果汁100%ジュースの大半が濃縮還元果汁使用になってしまっているわけです。

スポンサーリンク

結論:ジュースは自家製が一番!!

栄養成分も壊れていなくて、体に安全なのはフレッシュジュースです。

毎日、フレッシュジュースを飲むと体に良さそうですよね。

ご家庭でジューサーで作って飲むのが理想的ですね。

もちろん、果物などの洗浄はしっかりして、皮むきもちゃんとしないとポストハーベストの問題があるので御注意を!!

なお、濃縮還元果汁のジュースは危険と言うわけではありませんが、添加物が少ないものを選ぶ事は忘れずに実践しましょう。

 

では、また。

 

Contact Us

-味覚, 安心・安全
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 安心・安全のための生活情報局(くらしの情報局) , 2018 All Rights Reserved.