安心・安全のための生活情報局(くらしの情報局)

安心して生活する(安心できる暮らしを送る)ための食品やお金、お仕事などにまつわる生活や暮らしにかかわる情報を発信して、余裕で充実した生活の創造をお手伝いします!! 安心できるくらしを共に守り抜きましょう!!!

Change Jobs Work

転職を成功へと導く3つの方法で有利になる採用への最短距離を進め!

投稿日:

グッドラック

みなさん、こんばんは。

安心・安全にための生活情報局

局長のやまさきです。

 

先日は私の転職成功の報告をさせていただきました。

 

詳細の実録については、より分かりやすく、みなさんの役に立てるよう、作成中ですので、もうしばらくお待ちください。

実際にわたしの活動の成功において重要だったポイントは当サイトでこれまでにお伝えしている情報です。

これだけは、胸を張って言い切れます。

わたしが当サイトにてお伝えしている情報をしっかりと実践していただければ、「必ず転職の成功を勝ち取ることができる!」

 

今回は転職活動の中で意外と見落としてしまっている応募企業の企業研究で転職活動を有利に進め、最短距離で成功へと突き進むことができる方法を3つお伝えします。

 

さあ、転職を成功させましょう!!

 

ちなみに、この記事からお読みになった方、これまでの記事すべてを読んでおられない方、まずは、こちらからお読みください。

当サイトの転職関連記事一覧

 

 

スポンサーリンク

他の応募者に差をつける企業研究の3つの方法

みなさんが新卒で就職活動をしたときに応募する企業の研究をしませんでしたか?

わたしは、新卒での就職をしていないので学生時代の企業研究はしていませんが、転職活動の3回目以降は企業研究をしています。

企業研究はなぜ必要なのでしょうか?

それは、研究をしておくことで職務経歴書を応募する企業に合わせた内容で作成することもできますし、面接の際にはその企業のより具体的な内容について質問したり、研究しているからこそ、導き出せる回答をしたりすることができます。

転職活動において、特に現職に在籍しながらの活動の場合、どうしても企業研究がおろそかになりがちですが、そんな状況だからこそ、しっかりとした企業研究を行うことで他の応募者よりも一歩も二歩も前に出ることができるんです。

また、転職してから「こんなはずじゃなかった。」や「自分のスキルとマッチしていない。」などの転職をした後に感じるアンマッチ感も比較的感じることがなく、スムーズに新しい職場での業務に入ることができます。

では、具体的な方法をお伝えしましょう。

 

スポンサーリンク

まずは、今いる会社と比べてみる

繰り返しになりますが、あなたが応募し、採用試験を受ける企業について調べ、研究しておくことはとても大切なことです。

新卒の時は、企業についてよく知ることが難しかったことでしょう。しかし、社会人の経験が今のあなたにはあるんですから、その経験に基づいて研究することはできるはずです。

なかなか具体的に浮かばないあなた、「自分が今いる会社と比べてどうだ、こうだ」といった視点で応募しようとしている会社を見ることは可能なのではないでしょうか。

前々回の記事で、志望動機を考えるにあたり、自分の会社や現状への不満について、みなさんはしっかりと考えていると思いますので、それと比べて応募し、採用試験を受ける企業はどういう点が優れているかは、すぐに挙げることができるはずです。

面接やエントリーシートでは、このように考えて出てきた応募し、採用試験を受ける企業の特長を、志望動機やあなた自身のスキルと結びつけて話すことができるといい感じで採用担当者の心を掴めます。

 

自分自身の足で情報を収集する

次に重要なのはあなた自身が情報を集めることです。なぜ「自分自身の足」で情報を収集する必要があるのでしょうか?

それは、インターネットや伝聞だけでは伝えるパワーが弱くなります。人に思いや考えを伝えるときに最も重要なのは、伝える内容よりもあなたの言葉のパワーです。言葉にパワーを与えるのに最も簡単な方法は実体験だからです。

例えば、あなたが応募し、採用試験を受けようとしている企業で働く人の様子をこっそり見に行ったり、会社の前で社員の方に頼んで話を聞かせていただく。これらは意外とハードルが高いですが、簡単な方法だと、その起用の商品やサービスを使ってみる。この方法は、簡単なのに意外と発見が多くておススメの方法です。

このようなあなた自身の行動を通して、あなたなりの応募しようとしている企業に対する意見や考えを伝えることで、あなたの行動力自体が評価される可能性が高くなります。

 

わたしの採用する側の立場にいた際の実体験ですが、私の場合、食品業界ですので、比較的購入して食べることはできるので、結構、そのようなことを実践してくる応募者は多かったのですが、品質管理の担当者を募集していたんですが、その当時の会社の製品を食べ、コピーしたメニューと応募者自身の改善提案メニューの2種類を面接に持参し、私に食べさせてくれました。

やる気は感じましたので、ついつい、長く、深入りした面接になってしまいましたが、その応募者は品質管理で採用し、のちに営業に配属し、実績を上げていました。

実際には学歴や前職での経験等ではもっと有望そうな応募者もおり、他の応募者を面接した担当者や上司は乗り気ではありませんでしたが、私が強く押し切ったことで採用になったんですが・・・。

 

やはり、やる気と気概は強く感じ、何が何でもこの会社に入りたいという思いがその方向性を間違えずに押し出せた場合はどの応募者よりも強いですね。

 

他者に差をつける「応募する企業の改善点を見つけ出す」

最後の3つ目の方法で、さらに他者と差をつけましょう。

それは、「御社はこれこれこういう所が改善できる」という点を伝えるという方法です。

「応募する企業の悪口をいうのは」であったり「何でも批判する人間とみられるのではないか」と思われた方もいるでしょう。

 

そうなんです。この方法は確かに、リスクのある方法なんです。ですが、その改善点が的を得たものでれば、あるいはそうでなかったとしても真剣に考えたことが伝わるものであれば、決してマイナスの評価にはならないんです。

さらに言えば、「改善点を見つける」ことだけをゴールとして捉えるので、見えてくることがたくさんあるんですね。その結果、表層だけの通り一遍の意見にはならないという大きな利点があります。

 

多くの採用試験は、多数の中から若干名を選ぶことになります。そういった競争の環境の中で、他社と差別化を図るためには、他の人とは違った視点を持って、伝えきるということが必要になんです。

そのために必要なことは、他の人と違うアプローチで考えたり、行動をしたりすることが最も効果的です。

 

スポンサーリンク

まとめ:転職活動の成功は他者と差別化で有利になること

夢の仕事

今回の記事では、企業研究の方法と有利に活用するための方法をお伝えしました。

その方法は

他の応募者に差をつける企業研究の3つの方法

 今いる会社と比べてみる
 自分自身の足で情報を収集する

 応募する企業の改善点を見つけ出す

 

でした。

この3つの方法で企業研究を真剣に実施し、職務経歴書、面接等で真剣にアピールすることができれば、必ず他の応募者よりも採用担当者の心に届く言葉であなたの思いを伝えることができます。

特に3つ目の方法は、多くの応募者が二の足を踏んでしまう内容なので、差をつけるにはもってこいの方法です。

ただし、応募したい企業の情報に対して真摯に向き合い、真剣にあなたが考え抜いた場合のみ有効になり、適当な気持ちで使ってしまうと採用担当者の心証が悪くなってしまうという、諸刃の剣ですので、このところは心して活用してください。

 

私がこれまでの転職活動で活用した転職サイトを紹介しておきますので、登録をされておくことをオススメします。

 

では、また。

局長やまさきのイメージ


応援、お願いします

 

DODA

DODAの求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人なので、自分では見つけられなかった求人もエージェントサービスに登録することで見つけることができるだけでなく、転職のプロが企業へのエントリーから内定までをトータルサポートしてくれるだけでなく、必要に応じてキャリアカウンセリングの実施や分からないことの相談もできるので、転職活動が不安な方でも安心して転職活動を進めることができます。

転職活動初心者の方はまずは登録しておくことをオススメします。※やまさき局長イチ押しエージェントです!

リクナビNEXT

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%
圧倒的な求人数で、転職した人の約8割が利用しています。

職務経歴や希望条件を登録しておけば、企業側からのアプローチを受けることが可能!(私もこれで過去に成功しています)

JAC Recruitment

外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強く、JACで転職成功させた方の多くは30歳以上で、管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、または業界スペシャリストやエンジニアとして豊かな経験を備えた方が中心なので、実績のある方が上を目指すのにおススメのエージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20~30代に転職サポートに強く、人事や採用担当との太いパイプ持っています。また、応募書類の準備から面接対策まで、親身に転職をサポートしてくれます。

第二新卒の方におススメのエージェントと言えます。

 

Contact Us

-Change Jobs, Work
-, , , , , , , ,

Copyright© 安心・安全のための生活情報局(くらしの情報局) , 2018 All Rights Reserved.